Person

新たなビジネスモデルを創出する
前例なき新領域を切り拓く

総合職
早坂 和樹
本社管理 IoT・ビッグデータ戦略室 戦略チーム

自ら築いた礎のもと
無限の可能性を追いかける

 丸紅で前例のない道を切り開いている──その誇りと充実感に突き動かされながら、早坂はIoT・ビックデータ戦略室(IB戦略室)で新たな領域に次々と挑戦している。
IB戦略室とは、IoTやAIなどデジタル技術の進化がもたらすビジネス環境の急速な変化に対応するため、2017年4月に誕生した新組織。丸紅グループの全事業領域を対象に、先端技術の活用を通じた既存ビジネスの優良化や新たなビジネスモデルの創出・牽引が期待されている。
この重要な責務を担うチームに早坂が抜擢されたのには十分な必然性がある。丸紅の「挑戦する風土」に共感し入社した早坂は、経営企画部に配属された際に新技術分野の開拓を命じられたが、道のりは平坦ではなかった。そんななか「社会のデジタル化に対応する」というミッションの下、デジタル技術の活用をテーマとした社内タスクフォースの企画運営に取り組んだ。このタスクフォースを通じて浮かび上がった課題と機会に対応すると共に全社レベルで取組みを加速させる必要性から、専門組織として発足したIB戦略室のスタートアップメンバーとなったのだ。

IB戦略室において早坂は、主に新規事案の立ち上げ支援をリード。ライフスタイル、農業、食品、電力、自動車、エネルギー、医療など、幅広い領域で事業展開する総合商社らしく、様々な分野で担当者が発案したアイデアの実現性を検証するPoC(実証実験)を支援している。
「対象分野が広いということは、逆に言うと領域の制約がなく、デジタル技術の活用の可能性も無限大ということ。そうした総合商社ならではの垣根のなさが、大きな強みになると思います」

総合商社だからできる
立ち上げ支援に活路を見出す


 ゼロから始めるIB戦略室で、早坂は新領域ならではの困難に直面した。
「前例のない取組みだから、最初からマニュアルがない。しかも対象となる事業領域が多種多様で、デジタル技術をどう適用すればそれぞれのビジネスに付加価値が生まれるか、型にはまった答えは一切ない。すべてが試行錯誤でした」
仮に1つの案でPoCが上手く進んだとしても、案件毎に異なる仮説に基づいてPoCが計画される以上、同じやり方が他でもそのまま適用できるわけではない。「自分の仕事は支援になっているのか」という自問自答を繰り返しながら、早坂はある突破口を見出した。
「多種多様な事案であっても、必ずどこかに共通項がある。そのエッセンスを見つける過程を重ねながら、総合商社が行うPoCとは、単なる調査や発明ではなく儲けの源泉となるような「価値ある発見」を求めて行われるビジネス検証の一部であるべきという基本軸を見出すことができました」
ビジネスとして育てていくPoCに活路を見出した早坂を、さらに未知の領域へと邁進させる原動力がもう1つある。それは、立ち上げ支援を通じて接する丸紅グループの社員の熱意だ。この話題に移ると、淡々とした早坂の口調に熱が帯びていく。
「新たな試みは、何としてでも推進しようという挑戦者たちの熱い思いがなければ成立しません。彼らの熱意は、私の情熱の源にもなっています。IB戦略室がなければ始められなかったという声も何度かかけていただき、地道な活動が報われた気持ちになります」


 PoCという形でデジタル技術を活用した新たな取り組みを進める過程で、「価値を生み出す」とはこういうことなのかと、手ごたえを感じ始めている。それでも早坂は「立ち上げ支援はPoCの成功がゴールではなく、実証の結果がビジネスにつながって初めて価値が生まれるもの。事業の成長を加速支援できるノウハウをもっと蓄積していく必要があります」と自らを戒めることを忘れない。そして将来の展望についてこう続ける。
「こうした新しいことに挑戦する風土をこれまで以上に丸紅全体に浸透させたい。その結果、IB戦略室が今とは違う形になっている可能性もありますが、イノベーションに挑む部門に携わったからには、形を変えながらでも変化のうねりを起こしていきたいですね」

新しいモノを生み出したい、という幼い頃から抱いていた理想のビジネスマン像を、デジタル技術と既存ビジネスとの架け橋という新領域で結実させつつある。だが、これから切り拓いていく道に明確なロードマップはない。早坂の前例なき挑戦はまだまだ続いていく。

My Roots

「世界を小さく見積もることはやめよう」米国の職場体験プログラムで痛感した。

大学2年生のときに、アメリカ・シアトルの職場体験プログラム(インターンシップ)に参加しました。仕事はカフェでの接客でした。高校時代から英会話のレッスンを受けていたので、語学には多少の自信はあったのですが、実際の現場ではスムーズな会話が成立せず、当初は苦労しました。知っていることと体感することとはまったく違うことを痛感しました。以来、「世界を小さく見積もる(定義する)こと」はやめようと誓いました。定義すると限界が見えてしまいます。「世界はもっと広い。」その認識が私の原点にあります。

top