Person

総務担当と
プロジェクトメンバーの
2役で課員をサポート。

一般職
清水 香織
プラント本部 プラント・プロジェクト部
取材時:プラント本部 産業プラント部

仕事は大きく分けて、課の総務全般と海外で展開するプロジェクトの実務サポートの2つがあります。総務全般というのは、社内の方針策定・経営判断に必要なさまざまな書類の作成や適切な経費処理、課員の海外・国内出張の手配、来客のアテンド、電話対応など日常の基本的な業務です。その中でも、依頼されたことをただ事務的にこなすのではなく、一つ一つその意味をしっかりと理解して、スピーディーかつ的確に行うよう心がけています。

一方、プロジェクトのサポート業務では、現在進行中の国内大手製紙会社の中国進出プロジェクトに営業アシスタントとして参加しています。契約書などの書類管理や費用の精算、工場設備機器の輸出入・船積の手配など仕事はたくさんあり、お客様である製紙会社やエンジニアリング会社、機械メーカーとのやりとり、官庁への手続きなど、社外と関わる業務も数多くあります。

プロジェクトはチーム全員が力を合わせて一つ一つ作り上げていく楽しさがあり、チームの一員として高い意識を持ちながら日々業務に取り組んでいます。これまでに2度、海外出張で中国の建設現場を訪問する機会を頂き、建設中のプラントを見学しました。日々の業務の積み重ねが形として見えることの喜びを実感すると同時に、より一層業務に対して前向きに取り組むことができています。



総務全般だけでなく、
手を挙げて輸出業務のプロジェクトに参加。

丸紅では配属後も毎年、上司と自分自身のキャリアプランについて話し合う機会があり、総務全般だけでなくプロジェクトに参加したい、プロジェクトの中でも輸出入業務に携わりたいといった希望を伝えたところ、チャンスを与えてもらうことができました。一般的に「一般職」というと事務作業ばかりのデスクワークというイメージもありますが、機会があれば海外のプラント建設現場に行くこともありますし、やる気次第では一般職から総合職への職掌転換も可能です。ただ、今のところ、現在の仕事に十分過ぎるほどのやりがいを感じていますから、しばらくは一般職として頑張っていきたいと考えています。
せっかく商社という幅広い業務に携われる会社に入り、紙パルプ機械という分野に出会ったわけですから、これからもっとさまざまなことを勉強し、経験を積んで、この分野のプロフェッショナルを目指していきたいと思います。
※内容は取材当時(産業プラント部 紙パルププラント第一課)

Message

丸紅には個性豊かで多種多様な人々がたくさんいますが、「チームワークを大切にする」環境があると思います。全ての業務において、総合職、一般職各々にすべき役割があり、個々人が役割を全うして初めて、「成果」という大輪を咲かせることができます。
丸紅には若手の時からその役割を責任を持って任せてもらえる風土もあります。
総合職が見つけてきた「種」を「大輪」へと共に育てていく過程において、楽しいことや辛いことなど様々な場面に遭遇しますが、苦しみを共に乗り越え、喜びや楽しみを分かち合える仲間がいるおかげで、大輪が咲いた時の喜びはひとしおです。
就職活動は様々な企業や人と関われる良い機会なので、色んな職種や業種の方々と出会い、そして、自分が働く姿をたくさんイメージしてみてください。
みなさんと同じチームのメンバーとして共に働けることを楽しみにお待ちしています。

top