Messages from HR manager

人材こそが丸紅の主役。若手に任せるカルチャーで、発想力と挑戦する力を期待する

人事部長 鹿島 浩二

丸紅の使命は、『グローバルなフィールドで、社会や顧客のニーズに対してソリューションを提供し続ける』ということです。

そのニーズは常に一定ではなく、刻々と変化していますが、特にデジタルトランスフォーメーションによる変化は、極めて大きなインパクトがあると考えています。今後、思いもよらぬ競合相手が出てきたり、全く無関係と思っていた技術とサービスが結びつくことにより、ビジネスモデルが激変することも大いに考えられますから、丸紅は、総合商社という発想や枠組みを超えて進化する必要があると感じています。

そこで主役となるのは、人材です。もともと人数は決して多くない会社なので、若手も戦力の一端を担い、活躍してもらわなければならないことからも、丸紅には若手に任せるカルチャーがあります。加えて、これからのデジタルの時代におけるイノベーションは、若い人の新しい発想や挑戦する力が不可欠となってきますから、今まで以上に若手への期待が高まっていると言えます。丸紅というグローバルで広範なプラットフォームを使って、変革の先にある未来を見通し、社会に対してインパクトのあるソリューションを提供していきたい、果敢に挑戦し続けたい、そんな情熱をもった人材の集団でありたいと考えています。

当然ながら、人材が活躍するフィールドもグローバルです。当社の社員数は約4,500名で、総合職が約3,500名、一般職が約800名ですが、その総合職のうち900名程度、つまり4人に1人が海外駐在中です。一度の駐在で、平均4年程度現地で勤務するため、会社人生の中で2~3回は駐在をすることになります。加えて、海外出張のチャンスもたくさんある会社ですので、海外で働きたいと考えている人には、是非チャレンジして頂きたいです。

変化を厭わず、挑戦・成長への意欲を高く持ち、行動力があってグローバルに活躍したい人材に入社頂きたいと思っております。皆さんの挑戦を歓迎します。

top