Work Life Management

ワークライフマネジメント推進方針

当社は2005年度以降、段階的に法定を上回る制度を拡充してきました。2017年1月には「両立支援」から「活躍支援」へとフェーズを移行し、より働き甲斐のある会社を目指すべく、「ワーク・ライフバランス」から「ワークライフマネジメント」にシフト。ライフステージに関わらず、「持続的なキャリア形成」と「持続的なパフォーマンス発揮」の実現を目指しています。また、必要な時に、必要な制度を利用できるよう各種フォローアップ施策を展開しています。

育児支援策

「出産・育児支援ハンドブック」の配布に加え、産前休暇に入る前の社員およびその直属上長(配偶者が社内の場合は、配偶者およびその直属上長も含む)を対象とした面談を実施し、制度等についての理解浸透を図るとともに、スムースな復職に向け保育園入園に向けての情報提供を行っています。
制度としては妊娠中に利用可能な「妊娠休暇」や子女に限らず配偶者などの家族のサポートを目的とした「ファミリーサポート休暇」、柔軟な「短時間勤務制度」等、法定を上回る形で整備しています。
また、男性社員の育児休業取得促進を目的に、育児休業を一部有給扱いとする通称「育MEN休業」を設けています。

ワークライフマネジメントに関する主な施策
(出産・育児)

くるみんマーク

丸紅は、子育てに積極的に取組む企業として、働き続ける意欲ある社員の仕事と育児の両立を、法定を上回るペースで支援してきました。これら行動計画の策定、目標達成が認められ、子育て支援に積極的に取組む企業として、厚生労働大臣による認定マーク(愛称:くるみん)を取得しています。

「なでしこ銘柄」に認定

丸紅は「多様な個が活躍する強い丸紅グループ」を目指す姿とし、ダイバーシティ・マネジメントを推進しています。また、多様なバックグラウンドを持つ社員が成果を創出するインフラとして、ワークライフマネジメントの推進を位置づけています。これからの取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「なでしこ銘柄2015」「なでしこ銘柄2017」に選定されました。

「丸紅キッズプロジェクト」の開催

2011年3月期より子どもがパパ・ママの職場を訪問する「丸紅キッズプロジェクト ~働くパパ・ママの職場訪問~」を毎年開催し、子ども達がパパ・ママの会社や仕事に対する理解を深めるとともに、会社・社員・家族が皆で仕事と生活のあり方の見直しを図っています。

top